医院の情報 検査機器

NAVIS(NIDEK社)

写真:NAVIS

画像データベースです。眼底写真や視野検査などの検査結果をモニターでご覧いただき、医師がわかりやすく説明を致します。

IOLマスター700(ZEISS社)

写真:IOLマスター

眼内レンズの度数を測定する検査機器です。かつては超音波を用いた検査法しかなく、目に接触して検査していましたが、光干渉計を用いた測定法のIOLマスターの導入によって、非接触で格段に精度が高くなり、その患者様にあった眼内レンズの度数をより正確に決められるようになりました。
また、従来型のIOLマスターでは白内障が非常に進行した眼では測定不能になる場合もありましたが、IOLマスター700にバージョンアップしてからほぼなくなりました。

シラス HD-OCT(ZEISS社)

写真:OCT

網膜の断層像を描出し、その厚みを測定する装置です。断面画像にすることで、網膜(主に黄斑部)の穴や腫れ、剥離などの状態がわかりやすくみることができるようになりました。また、緑内障の診断では網膜の神経線維の厚みを計測することで緑内障の進行具合などが判断しやすくなりました。

写真:正常なOCT画像 正常なOCT画像

前眼部OCT CASIA:SS-1000(TOMEY社)

写真:前眼部OCT

角膜や隅角などの眼球の前方の断層像を描出できます。これにより、角膜の断層内の観察、角膜形状解析や隅角解析が定量的に行うことが可能になり、角膜の不正乱視の検出、角膜の疾患、狭隅角眼や緑内障手術後の経過観察の検査する際に有用です。

写真:OCT検査画像

角膜形状/屈折力解析装置 OPD-Scan® III(NIDEK社)

写真:角膜形状/屈折力解析装置

角膜形状と眼の屈折度分布を測定する装置です。見づらさの要因を、角膜かそれ以外の部位かで把握し、要因を定量的に見ることができます。見え方のシミュレーションもでき、インフォームドコンセントにも活用できます。
また測定時に徹宵像も撮影され、乱視矯正眼内レンズの軸が正しい位置に挿入できたか確認でき、わかりやすくご説明できます。

写真:シミュレーション解析画像

超広角SLO眼底撮影 Daytona(Optos社)

写真:超広角SLO眼底撮影装置

最大200度の画角を持ち、網膜の80%以上の領域の高解像度画像を非接触で撮影できます。従来の検査機器では観察困難な網膜周辺部の病変も、見逃さずに捉える事が可能です。

写真:Daytonaの撮影範囲
写真:酒井 幸弘(検査主任 視能訓練士)
担当スタッフ
酒井 幸弘(検査主任 視能訓練士)
中京眼科は検査機器を豊富に揃えており、新しい機器へのバージョンアップも積極的に行っています。日進月歩とされる眼科医療において、精密な検査を提供できることは、中京眼科の強みといえると思います。さらに検査結果については、医師がモニターを使って分かりやすく説明いたします。

このページの先頭へ