遠近両用眼内レンズの選び方

遠近両用眼内レンズのしくみ

遠近両用眼内レンズには2つの焦点(ピントの合う位置)があり、遠くのものも、近くのものも、同じ視線(同軸上)で見ることができます。1枚のレンズに、遠くにピントが合うレンズと近くにピントの合うレンズの2枚が入っているようなものです。私たちの脳はピントの合っていない映像を無視するという高度な機能が備わっているため、ピントの合っている映像のみを見ることができます。

回折型のレンズ

同心円上に階段状の段差を持つ構造になっており、目に入る光の回折現象を利用して、光を遠用と近用の2つに分けます。

回折型のレンズ

メリット

遠くと近くにピントが合うため、メガネが必要となる場面を減らすことができ、
煩わしさを解消することができます。

デメリット

夜に光が散乱して見えるハローやグレアを感じることがあります。
単焦点レンズに較べて、コントラストが落ちることがあります。

レンズの種類と比較

先進医療認定

テクニス マルチフォーカル(AMO)

回折型2焦点

2焦点の回折型眼内レンズです。
近方の距離を33cm、42cm、50cmの3タイプがあり、患者さまのニーズに合わせて選択できます。

ピントの
合う距離
中間 △ 70cm
近く ◎ 50cm、42cm、33cm
乱視矯正 ×
価格 片眼 ¥400,000
両眼 ¥800,000
グラフ

当院は「先進医療機関」の承認を受けています

多焦点眼内レンズを挿入する白内障手術は「先進医療機関」として承認を受けています。先進医療を受ける場合の費用は下記の通りです。
先進医療を受ける場合であっても、受診の手続きは一般の保険診療と同じです。
健康保険証(被保険者証)を受付にご提示ください。

自費診療・保険診療の内訳

術前検査 保険診療
手術説明日・術前投薬 保険診療
手術日 ①手術手技 自費診療
②再診料・術後投薬費 保険診療
術後検査・投薬費 保険診療

料金表

  両眼 片眼
手術費用(自費) 80万円 40万円
保険診療分(1割) 約5千円
保険診療分(2割) 約1万円
保険診療分(3割) 約1万5千円
  • 先進医療給付金については、医療保険にご加入されている保険会社に「先進医療」が保障の対象か否か、予めご確認ください。

自由診療(先進医療未承認)

AcrivaUD Reviol Tri-ED (VSY Biotechnology社)

回折型3焦点

3焦点の回折型眼内レンズです。
特殊な回折構造により、近方から中間、中間から遠方までスムーズな視力を提供することができます。
グレア、ハローが軽減される構造で、見え方の質の向上が期待できます。

ピントの
合う距離
中間 ◯ 80cm
近く ◯ 40cm
乱視矯正
価格 片眼 ¥550,800(乱視無)
片眼 ¥604,800(乱視入)
両眼 ¥993,600(乱視無)
両眼 ¥1,101,600(乱視入)
グラフ

ファインビジョン[FINE VISION] PhysIOL社(ベルギー)

回折型3焦点
ピントの
合う距離
中間 ◯ 70cm
近く ◯ 35cm
乱視矯正
価格 片眼 ¥550,800(乱視無)
片眼 ¥604,800(乱視入)
両眼 ¥993,600(乱視無)
両眼 ¥1,101,600(乱視入)

3焦点の回折型眼内レンズです。
遠くと近く、遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造になっているため、遠く、中間、近くが見えるレンズになっています。
レンズは、アポダイズド回折型のデザインで、グレア、ハローが軽減される構造です。

AT Lisa(Carl Zeiss Meditec社製)

回折型2焦点
ピントの
合う距離
中間 △ 70cm
近く ◎ 33cm
乱視矯正
価格 片眼 ¥594,000(乱視入)
両眼 ¥1,080,000(乱視入)
回折型3焦点

プレートタイプの回折型多焦点眼内レンズで、2焦点タイプ、3焦点タイプがあります。オーダーメイドレンズで、他社で製造されていない強度近視の方に合う度数が幅広く揃っています。

ピントの
合う距離
中間 ◯ 70cm
近く ◯ 40cm
乱視矯正
価格 片眼 ¥648,000(乱視無)
片眼 ¥734,400(乱視入)
両眼 ¥1,188,000(乱視無)
両眼 ¥1,360,800(乱視入)
グラフ

自費診療(自由診療)の料金説明

自由診療の場合、先進医療の対象外ですので診療費・手術代金が全額自己負担となります。価格には手術代金及び術前診察~術後3ヶ月までの術後検査・診察・投薬費が含まれています。

レンズの種類や特徴についてきちんとご説明します

遠近両用(多焦点)眼内レンズは複数の種類があるため、当院では、それぞれのレンズの特徴についてきちんとご説明することを心がけています。そして、患者さまの検査データや目の状態の把握、ライフスタイル、見え方に対するご希望などをお伺いした上で、遠近両用レンズが適しているか、最適なレンズはどの種類か、ご提案するとともに、患者さまのお考えもお聞きします。お話しした内容を担当医に伝えて最適なレンズを決定しますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

doctor

視能訓練士
酒井 幸弘

このページの先頭へ