ページトップへもどる

手術・治療案内

レーザー白内障手術

緑内障治療について

近年『40歳以上の方で20人に1人は緑内障』と言われております。緑内障になると視野が障害されていきます。一旦見えなくなった部分は見えるようにはなりません。緑内障は早期発見・早期治療がとても大切で、中京眼科では眼圧検査、眼底検査、視野検査、眼底/前眼部3次元画像解析(OCT)の結果を元に診断しています。視野障害が進行しないように経過観察し、点眼や内服による治療を行います。これらの治療で効果がない場合には手術を考えます。手術に関しましては原則入院が必要ですので、独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院で行います。ただし、初期症例の一部に関しては低侵襲手術を日帰りで行っておりますので詳しくは、当院の医師またはスタッフへご相談下さい。

房水の流れ(イメージ図)
線維柱帯切除術
線維柱帯切開術