ページトップへもどる

手術・治療案内

レーザー白内障手術

後極部レーザー治療について

網膜の中心(黄斑部)周辺である「後極部」は、ものを見るうえで重要な部分です。糖尿病黄斑症や網膜静脈閉塞症などは、後極部にレーザーを照射することで良くなりますが、じつは日本ではあまり行われていません。後極部に強めに照射したり、眼が動いた瞬間に網膜の中心に照射したりすると、視野障害や視力障害が起きるからです。
こうした問題を解決するため、コンピュータで眼球の動きを判断し、間違った部分への照射を回避するように開発されたのが、ナビゲーションレーザーシステム『NAVILAS』です。
当院では、同システムを導入し、後極部(網膜の中心近く)のレーザー治療を行っています。なお、担当医師はすべて、機械操作のトレーニングを受けています。

黄斑部の主な治療は、抗VEGF製剤やステロイドの眼内注射ですが、硝子体手術後の方では効果が半減したり、頻回な注射が必要になるなどの問題があります。

 

ナビゲーションレーザーシステム『NAVILAS』の特徴

たとえ眼が動いても、自動追尾機能(オートトラッキング)によって、ほぼ正確な部位にレーザーを照射することができる優れたシステムです。硝子体注射が難しい方への黄斑浮腫治療として、また、眼内注射との併用によって注射回数を減らす効果も期待できます。

  1. 造影検査とレーザー装置が統合され、治療がスムーズ
  2. 眼が動いても、正確に予定部位に照射するので安心
  3. 従来のレーザーより痛みやまぶしさが少ないとされる

効果が期待できる症例

  • 眼内注射を繰り返しているものの鎮静化しない症例
  • 眼内注射をしにくい症例  
  • 硬性白斑の強い症例
 

対象となる疾患

糖尿病黄斑症・網膜静脈閉塞症

正確で確実な光凝固によってサイトカインの産生を抑え、黄斑浮腫が軽減する可能性があります。

  • 眼内注射を繰り返しているものの、沈静化しない症例
  • 眼内注射をしにくい症例
    ・ステロイドレスポンダー 
    ・血管閉塞イベントのある症例
    (脳梗塞・心筋梗塞) 
    ・無硝子体眼

中心性漿液性網脈絡膜症(CSC)

傍中心窩毛細血管拡張症(Mac-Tel)

中心窩外の糖尿病黄斑浮腫

 

参考文献

  • あたらしい眼科2014 Vol.31 No.01「Navilas」
  • 眼科手術2015 第27巻 第4号 「ナビゲーションレーザーNAVILASの使用経験」
  • 眼科臨床紀要2015 第8巻 第9号「ナビゲーションレーザーを使用した糖尿病黄斑症の3例5眼」