ワンランク上のレーザー白内障手術

ワンランク上のレーザーとは?

レーザーにはさまざまな方式がありますが、近年注目されているのが最新のフェムト秒レーザーです。フェムト秒は「1000兆分の1秒」と非常に短く、1秒間に地球を7周半回る光でさえ、0.3ミクロン(1万分の3mm)しか進むことができません。それほど短いパルス幅で照射されるフェムト秒レーザーは、非常に強いレーザー強度となり、また熱を発しないので組織への侵襲がないのも特徴です。

最先端技術のレーザー白内障手術

眼科領域では角膜移植やLASIKの手術に用いられてきたフェムト秒レーザーですが、近年、白内障手術にも応用されるようになりました。フェムト秒レーザーの白内障手術では、執刀医の経験値に左右されやすい手術の工程の『角膜切開』『水晶体前嚢切開』『水晶体分割』をコンピューター制御下で行うことができ、安全かつ精密な手術が実現します。特に、乱視矯正眼内レンズ・多焦点眼内レンズなど、より手術の精度が求められるプレミアムレンズには、緻密なレーザー白内障手術が優れています。

機器

機器2

3次元解析の結果に基づいてレーザー照射することで、
従来は不可能だったミクロン(1000分の1ミリ)単位の高い精度の手術が可能となります。

●従来の手術(人の手による)

従来の手術(人の手による)

●レーザー白内障手術

レーザー白内障手術

眼内レンズの挿入位置を正確にするには、「水晶体前嚢(のう)切開」を最適なサイズの正円にすることが重要です。人による切開と、フェムト秒レーザーによる切開を較べてみると、その違いは一目瞭然です。

レーザー白内障手術の実積

レーザー白内障手術の実積

フェムト秒レーザーによる白内障手術は、2008年にヨーロッパで最初の手術が行われて以来、画期的な手法として世界的に注目されていおり、すでに50か国以上で導入されています。
当院では、安全性や術後の満足度をより高めるため、2013年2月からAlcon社の「LenSx(レンゼックス)」を導入、良好な結果を得ています。レンゼックスは厚生労働省の認可を受けています。

レーザー白内障手術によるメリット

①眼に対する負担が少ない
レーザーで切ってから水晶体を吸うため、超音波で砕いて吸い取る従来の手術より侵襲が小さいです。また、フェムト秒レーザーは熱を発しないため組織への負担を抑えることができます。
②安全性が高い
コンピューター制御下で手術を行うため、安全かつ計画通りにできます。
③精度が高い
角膜の切開や眼内レンズを入れる袋(水晶体嚢)を正確に切ることができるため、数ミクロンの誤差もなく手術を行うことができます。
④乱視にも対応できる
乱視矯正をする切開ができ、従来のナイフを使用したLRI(乱視矯正角膜輪部切開)より正確な矯正が期待できます。

レーザー白内障手術に適した方

  • 白内障の進行で水晶体が固くなってしまった方
  • 角膜内皮細胞が少なく手術が難しいと言われた方
  • レンズを入れる袋(嚢)が痛んでいる、または外れかかっている方
  • 多焦点眼内レンズを挿入する方

このページの先頭へ