手術・治療案内 網膜光凝固術

レーザー光線で網膜を凝固する治療です。
網膜光凝固術の目的は、大きく分けて2つあります。
一つは、糖尿病性網膜症などにより網膜血管が閉塞すると網膜が低酸素状態になり網膜浮腫や新生血管が発生しやすくなるため、網膜の種々の細胞、特に視細胞を凝固破壊して、相対的に酸素不足を解消することを主目的で行います。
もう一つは、網膜に穴(網膜裂孔)があると網膜が剥がれる(網膜剥離)ことがあります。その予防のため、網膜とその下の組織である色素上皮細胞を凝固癒着させます。
←マルチカラーレーザ光凝固装置 MC-500
写真:マルチカラーレーザ光凝固装置 MC-500

このページの先頭へ