日帰り白内障手術

日帰り白内障手術とは

日帰りですので、入院する必要はありません。

平均5分〜6分といった短時間です。

白内障手術の流れ

点眼麻酔をして行いますので、痛みはありません。

翌日よりほぼ通常の生活を送ることが可能です。

白内障手術後の生活は?

白内障手術が非常に短時間でできるようになったため、「白内障手術は簡単になったんだね」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、決してそのような事はありません。熟練した術者が行うからこそ、このように短時間でかつ合併症がなく、日帰りの白内障手術が可能なのです。

白内障手術までの流れ

1.一般検査
診察では視力障害の原因が何であるかを調べます。そこで白内障が原因と判明した場合、手術が適応かどうかを判断し説明させていただきます。
2.手術予定日の決定、内科受診のすすめ
当院の白内障手術は点眼麻酔のみで行いますので、全身の病気がある方でもほとんど問題なく手術は受けられます。ただし念のため、既往で高血圧・糖尿病・心疾患などの病気のある患者様は必ず内科に受診した上で、内科医に白内障手術の了解を得ていただきます。
3.白内障手術に必要な検査
手術の時に眼内レンズを挿入します。眼内レンズの度数を決定する検査やその他の視機能の検査をさせていただきます。
4.白内障手術に関しての説明
患者様だけでなく、家族の方々にも白内障手術についてご理解いただき、手術前後の生活にも協力を得ることで、順調な経過をたどる事を目的としています。当院5階の説明会場で映像を使ってわかりやすく説明し、皆様からのご質問にお答えします。
5.手術前の注意点、点眼薬の説明、手術当時の説明
手術当日の来院時間や手術前に点眼していただく目薬などについて説明をさせていただきます。
6.白内障手術当日
手術時間は約5〜6分ですが、当日は手術前の準備と手術後の説明で2時間程かかります。

手術後、体調確認・リカバリールーム(回復室)でしばらく休憩していただきます。

白内障手術の流れ

1

まず、目薬にて麻酔を行います。多少しみる事はありますが痛みはありません。

5

残した袋(嚢)の中に眼内レンズを挿入します。

CENTURION®VISION SYSTEM
(白内障手術装置)

写真: CENTURION®VISION SYSTEM<br />(白内障手術装置)

2014年7月に発売された機械で、当院にも2015年に導入されました。従来機と比べ、手術中の眼内圧をより低く、安定してコントロールできるようになり、合併症や眼に対する侵襲を減らすことができます。

術後と費用について