手術・治療案内 白内障について

白内障手術とは

図:白内障の状態

目の中の水晶体というレンズの役割を果たす透明な部分が濁ってくる病気です。

白内障の原因

原因は、主に老化によるもので老人性白内障といいます。年をとると髪の毛が白くなってくるのと同じように、水晶体も年々濁ってきて、80歳にもなるとほとんどの方に白内障が認められます。老人性白内障は、水晶体の核から濁りが始まる核白内障、水晶体の繊維に沿って赤道部から始まる皮質白内障、水晶体の嚢に現れる後嚢下白内障と3つに分けられます。その他の原因として、全身疾患(糖尿病、アトピーなど)や眼疾患(ぶどう膜炎、網膜色素変性症など)に併発したり、外傷、放射線、内分泌疾患、代謝異常、薬物(ステロイド、向精神薬、抗癌薬など)などがあります。

白内障の症状

症状としては主に、かすみ、ぼやけ、まぶしさ等です。黒目の中央の瞳孔が白くなるのは末期的症状で、特異的な症状はありませんので、ご自身ではよくわからないと思います。そして、徐々に進行してくるので自覚しない場合もよくあります。

白内障の治療法

  • 図:手術前
  • 図:手術後

白内障の目薬で、進んでしまった白内障が治るわけではありません。発症を防止又は濁りの進行を遅らせる目的でピノレキシン、グルタチオンなどの点眼薬、チオプロニン、唾液腺ホルモンなどの内服を行うこともできますが、確実な薬効を期待できるものはありません。したがって治すには手術治療()となります。

関連リンク

遠近両用眼内レンズについて

通常、白内障手術に際に挿入する眼内レンズは、単焦点眼内レンズで、遠くもしくは近くのどちらかにしかピントを合わせることができません。遠近両用眼内レンズは遠くも近くも見やすくなります。

関連リンク

このページの先頭へ