白内障手術はどこの眼科で受けても同じと思っていませんか。日進月歩といわれる眼科の世界においては、その技術や機器は年々進歩しており、その変化に対応しているかどうかによって、患者さまに提供できる医療の質も大きく変わってきます。

当院では、白内障手術において、安全性や術後の満足度をより高めるために、さまざまなプレミアム技術を積極的に導入しています。その代表ともいえるのが「遠近両用眼内レンズ」「レーザー白内障手術」「ORAシステム」です。

「見え方」の満足度を高める

遠近両用眼内レンズ
(多焦点眼内レンズ)

安全性・精度を高める

レーザー白内障手術

最適なレンズ度数を選択

術中解析装置
ORAシステム

遠近両用眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)

遠近両用眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)

白内障手術で一般的に使用される「単焦点眼内レンズ」は、遠くもしくは近くのどちらかにしかピントを合わせることができません。一方、遠近両用眼内レンズは遠くも近くも見えやすいのが特徴です。また機能や形、見え方が多種多様で、海外製の優れたレンズも多く存在します。
当院では海外製のレンズも幅広く取扱っていますので、患者様のニーズに合わせた最適なレンズを選ぶことができます。
また、当院は先進医療実施医療機関として承認されていますので、先進医療対象のレンズを用いた手術では加入されている民間の医療保険などで手術代金が給付されることがあります。

レーザー白内障手術

レーザー白内障手術

術者の経験に頼って行われてきた手術の工程の大部分をフェムトセカンドレーザーによって行うのがレーザー白内障手術です。
国内ではごく限られた眼科でしか行われていないこの技術を、当院ではいち早く導入しています。

術中解析装置 ORAシステム

術中解析装置 ORAシステム

白内障手術は、取り出した水晶体の代わりにレンズ(眼内レンズ)を挿入します。
この眼内レンズによって手術後にどの距離に焦点を合わせるかを決定しますが、手術前の設定に対して誤差を生じることがあります。特に多焦点眼内レンズや乱視用眼内レンズではこの誤差が手術後の度数結果に影響を及ぼすことがあります。
こうしたリスクを防ぐため、術中もリアルタイムで最適な眼内レンズ度数を診断・選択でき、極限まで誤差を補正するのがORAシステムです。
当院では見え方に対する満足度をさらに高めるため、ORAシステムを活用しています。